SA-Method(心理テスト)

「生産性向上」を目的とした
「個人・組織の活性化」を支援!

SA-Method(心理テスト)とは?

私達は、様々な心理テストを実施し、その分析結果をカウンセリング・コーチングで実際に検証を行ってきました。

この臨床データ(6万件以上)と10万件のカウンセリング実績を基に開発した対面カウンセリングに匹敵する判定(結果通知)を可能とする SA-Methodでは、“深層心理”や“職場の具体的現状”等を分析できる為、能力の適正、コミュニケーション能力の特定、マッチング度、集団での活性力、具体的なストレス要因、適性セルフケア方法、ストレス耐性、個人がまだ発揮していない潜在能力、個人が持つ能力の活性ポイント等が具体的に解ります。

SA-Method Ⅰ

OPT:職業心理テスト

受検者の具体的なストレスを
知ることができる心理テスト

SA-Method Ⅱ

DPT:深層心理テスト

受検者の本来の精神的な傾向性を
知ることができるできる心理テスト

結果を用いて「生産性向上」を
目的とした「個人・組織の活性化」を
支援いたします。

6万件超の臨床データが基の職業心理テスト・深層心理テスト等を用いた、部署、チーム、組織単位での具体的な精神的・物理的職場改善。精神的傾向の把握やコミュニケーションやマッチングにより「生産性向上」を目的とした「個人・組織の活性化」を行います。

結果に基づく支援内容(例)SUPPORT

  • 部署、チーム、組織単位での具体的な組織改善課題の提示
  • 集団のコミュニケーション改善具体的なストレス対処法習得へのアドバイス
  • 自分自身の精神的傾向性の把握による問題解決への気づき

CONTACT

どんな些細なことでもお気軽にお問合せください。