よくある質問

コンプライアンス対応支援

  • 集団的分析を行ない職場改善につなげていきたいと考えておりますが可能でしょうか?

    当社のストレスチェックシステムは、ストレスチェック制度に対応する為だけのシステムではありません。お客様の職場環境改善そして生産性向上を目的としたシステムです。

    診断結果については、当社の強みである、分析力と解析力を最大限に活かした集団的分析、データ解析をいたします。また、他社にはないサービスとして、この結果の説明とそこから見えてくる課題を直接訪問し、提示し、さらに解決策を示します。

  • 良い外部機関を選定する方法はありますか?

    どのような外部機関を選ぶのかは、ストレスチェックの成否を分けるポイントとなりますので、非常に重要です。ストレスチェックの導入や運営は、受検結果通知だけでは済まないからです。まずは、外部業者担当者に以下の質問をしてください。

    ・なぜストレスチェック事業に参入したのか?(動機を尋ねると顧客とのかかわり方がわかります。例:お金儲けなのか、職場のメンタルヘルスを改善したいと本気で考えているのか) 
    ・事前の準備(衛生委員会での審議や心の健康づくり計画等)の対応ができるか?(法規則や指針を満たす力がわかります) 
    ・職場環境改善活動を実施できるのか? (集団ごとの分析結果を活かす力がわかります)

    ストレスチェックはチェックが大切なのではなく、事前の準備として、いかに衛生管理活動に落とし込み、事後の個別対応と職場の改善を進めるのかが重要なのzす。

    <参考>
    厚生労働省ウエブページ 『労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル』
    http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/

    ①ストレスチェック制度についての理解が適切であるか?
    ②受託業務全体を管理できる実施体制を確保できるか?
    ③ストレスチェックの調査票・評価方法および実施方法が適切に提供できるか?
    ④ストレスチェック実施後の対応が、指針等に沿った形で提供できるか?        

  • ソーシャルアドバンスには、どのような専門家が在籍しているのですか?

    弊社には、

    • 精神保健福祉士
    • 社会保険労務士
    • キャリアコンサルタント
    • 産業カウンセラー
    • 臨床発達心理士
    • 臨床心理士 心理相談員
    • 第一種衛生管理者
    • ファイナンシャルプランナー
    • 各種心理士、コンサルタント認定

    などの有資格者が正社員として在籍しております。また、メンタルヘルス個人対応だけではなく、職場改善への対応として経営コンサルタント経験者や安全衛生に長年携わってきたメンバーもおり、ストレスチェック制度に係る個人対応から集団分析後の職場環境改善支援(組織改善)まで、幅広く対応する事が出来ます。

SA-Method (心理テスト)

  • 職業性心理テスト(OPT)、深層心理テスト(DPT)は、個人で受検することは可能でしょうか?

    【職業性心理テスト(OPT)について】
    ストレスは原因×対処の結果です。普段私たちが感じているストレスというものは、「ストレスの原因」に対してではなく、原因となるものに対して対処した結果にストレスを感じています。OPTは職業性のストレスについて、現在のストレス状況を職業・心因・対人・身体の要素毎に分析するもので、ストレス軽減を妨げている要因を調べ、より効果の高いストレス軽減方法を探るために、今でている症状からこの「ストレスの原因」を特定していく検査です。肩の痛みの話で言えば、その痛みの原因が目からきているのか、首からきているのか、腰からきているのか、骨盤のずれからきているのか。そしてそれに対しどんな処置をしているのか。例えば、今抱えている心因性のストレスが、人間関係からきているのか、職場環境からきているのか仕事から来ているのか。それともストレスの処理が誤っているために起きているストレスなのか等を特定し、改善のアプローチに繋げるものです。 毎日の職業生活の中で不安、悩み、疲れ、ストレスなどを感じている方、また、それらを解決しようと思っているのに具体的問題点が見えない。今後どうしていくべきかの道筋が見えてこない、そんな方にお勧めです。

    【深層心理テスト(DPT)】
    多くの人は自分の顕在意識の決定が自分の意思だと思っていますが、人間の意識は顕在意識10%潜在意識90%と言われており、自分の見えていない潜在意識の方に本当の自分の意思が隠れています。この2つの意識のバランスが崩れた時、今自分のやっていることと自分の本来やりたいことは別にあることになり、人は悩み、そして葛藤します。 ・人づきあいが疲れる
    ・最近体は元気なんだけど、なんだか気持ちが上がらない
    ・どうしたらいいのかわからないと悩むことが多い
    ・なにかと選ぶのが苦手で、決められない
    ・自分はツイてない方だと思う
    このように感じておられる方は、一度立ち止まって本当の自分を見つめてみてはいかがでしょうか。 DPTにより顕在意識の自分と潜在意識の自分、2つの自分を知ることができ、そこから悩みの解決方法や、ご自身を変えるヒントが見えてきます。

  • 高ストレス者の発生率が高い部署に対して何らかの対策をしたいのですがサポートしてもらえるのでしょうか?

    もちろんサポート致します。

    弊社では、厚労省推奨の職業性ストレス簡易調査票だけでは見えてこない職場の問題・課題を「SA-Method-Ⅰ」で深く掘り下げます。

    そして「SA-Method-Ⅱ」で、メンバーの行動パターン(行動ぐせ)・思考パターン(心ぐせ)を明確に致します。

    さらに「SA-Method-Ⅱ」を実施することにより、その組織自体のパフォーマンス傾向を明らかにすることができます。
    これらの分析・解析を行ない、「組織コンサルティングⅡ」で、貴社の問題点の解決を図ります。

  • 「SA-Method」が職場改善になる大きな要因はなんですか?

    本当に根本から職場環境改善を行なうためには、所属メンバーの行動パターンや思考パターンを理解しておく必要があります。

    この行動パターンと思考パターンを理解することができるのが弊社の「SA-Method Ⅱ(DPT)」となります。「SA-Method Ⅱ(DPT)」により、個人の行動パターン(行動ぐせ)・思考パターン(心ぐせ)を臨床データ7万件カウンセリング実績13万件のデータベースを元に分析し解析します。

    この圧倒的な数を有するデータベースを活用することで、その方の適性提示だけではなく、組織のコミュニケーション向上から人事配置にも役立てて頂けます。

  • 心療内科でも“PEG診断”という心理検査を実施しているはずですが、それと同じようなものでしょうか?

    「SA-Method」は、「SA-MethodⅠ」と「SA-MethodⅡ」の2つの手法から成り立っています。一般的に心療内科で使用される心理テストは1種類のみです。

    『SA-Method』では、「SA-MethodⅠ」で、職業性心理検査(厚生労働省推奨の職業性ストレス簡易調査票をより深く掘り下げた検査)を行ない、「SA-MethodⅡ」では、顕在意識と潜在意識を分析し解析することができる2種類の心理テストを使用します。

    『SA-Method』を受検頂くことにより、職場業務による心理的負荷についてより深く掘り下げる事ができ、本人が持っている行動ぐせや心ぐせまでが明らかになり、今後の方向性を明確にする事ができます。
    カウンセリングを数回受けた場合と同じ効果が得られます。
    このように「SA-Method」は、一般の心療内科の心理検査とは大きく異なります。

  • 「SA-Method」を新卒者採用時の参考資料として利用することは可能ですか?

    可能です。
    「SA-Method Ⅱ(DPT)」を利用し、個人(新入社員)の行動パターン(行動ぐせ)・思考パターン(心ぐせ)を臨床データ7万件カウンセリング実績13万件のデータベースを元に分析し解析します。

    この圧倒的な数を有するデータベースを活用することで、新入社員の方の適性を提示いたします。また、このデータを活用することで、組織のコミュニケーション向上から人事配置にも役立てて頂けます。

  • ソーシャルアドバンスには、どのような専門家が在籍しているのですか?

    弊社には、

    • 精神保健福祉士
    • 社会保険労務士
    • キャリアコンサルタント
    • 産業カウンセラー
    • 臨床発達心理士
    • 臨床心理士 心理相談員
    • 第一種衛生管理者
    • ファイナンシャルプランナー
    • 各種心理士、コンサルタント認定

    などの有資格者が正社員として在籍しております。また、メンタルヘルス個人対応だけではなく、職場改善への対応として経営コンサルタント経験者や安全衛生に長年携わってきたメンバーもおり、ストレスチェック制度に係る個人対応から集団分析後の職場環境改善支援(組織改善)まで、幅広く対応する事が出来ます。

カウンセリング・コーチング

  • ソーシャルアドバンスには、どのような専門家が在籍しているのですか?

    弊社には、

    • 精神保健福祉士
    • 社会保険労務士
    • キャリアコンサルタント
    • 産業カウンセラー
    • 臨床発達心理士
    • 臨床心理士 心理相談員
    • 第一種衛生管理者
    • ファイナンシャルプランナー
    • 各種心理士、コンサルタント認定

    などの有資格者が正社員として在籍しております。また、メンタルヘルス個人対応だけではなく、職場改善への対応として経営コンサルタント経験者や安全衛生に長年携わってきたメンバーもおり、ストレスチェック制度に係る個人対応から集団分析後の職場環境改善支援(組織改善)まで、幅広く対応する事が出来ます。

セミナー・研修

  • 研修は、弊社でしていただけるのでしょうか?

    弊社の研修は、原則訪問研修となっております。

    貴社にて、研修用の会場を別でご準備される場合は、その会場へ伺い研修することも可能です。
    弊社で、研修会場をご用意することも可能です(会場費が別途発生いたします)。

  • 良い外部機関を選定する方法はありますか?

    どのような外部機関を選ぶのかは、ストレスチェックの成否を分けるポイントとなりますので、非常に重要です。ストレスチェックの導入や運営は、受検結果通知だけでは済まないからです。まずは、外部業者担当者に以下の質問をしてください。

    ・なぜストレスチェック事業に参入したのか?(動機を尋ねると顧客とのかかわり方がわかります。例:お金儲けなのか、職場のメンタルヘルスを改善したいと本気で考えているのか) 
    ・事前の準備(衛生委員会での審議や心の健康づくり計画等)の対応ができるか?(法規則や指針を満たす力がわかります) 
    ・職場環境改善活動を実施できるのか? (集団ごとの分析結果を活かす力がわかります)

    ストレスチェックはチェックが大切なのではなく、事前の準備として、いかに衛生管理活動に落とし込み、事後の個別対応と職場の改善を進めるのかが重要なのzす。

    <参考>
    厚生労働省ウエブページ 『労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル』
    http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/

    ①ストレスチェック制度についての理解が適切であるか?
    ②受託業務全体を管理できる実施体制を確保できるか?
    ③ストレスチェックの調査票・評価方法および実施方法が適切に提供できるか?
    ④ストレスチェック実施後の対応が、指針等に沿った形で提供できるか?        

  • ソーシャルアドバンスには、どのような専門家が在籍しているのですか?

    弊社には、

    • 精神保健福祉士
    • 社会保険労務士
    • キャリアコンサルタント
    • 産業カウンセラー
    • 臨床発達心理士
    • 臨床心理士 心理相談員
    • 第一種衛生管理者
    • ファイナンシャルプランナー
    • 各種心理士、コンサルタント認定

    などの有資格者が正社員として在籍しております。また、メンタルヘルス個人対応だけではなく、職場改善への対応として経営コンサルタント経験者や安全衛生に長年携わってきたメンバーもおり、ストレスチェック制度に係る個人対応から集団分析後の職場環境改善支援(組織改善)まで、幅広く対応する事が出来ます。

産業保健スタッフ支援

  • 良い外部機関を選定する方法はありますか?

    どのような外部機関を選ぶのかは、ストレスチェックの成否を分けるポイントとなりますので、非常に重要です。ストレスチェックの導入や運営は、受検結果通知だけでは済まないからです。まずは、外部業者担当者に以下の質問をしてください。

    ・なぜストレスチェック事業に参入したのか?(動機を尋ねると顧客とのかかわり方がわかります。例:お金儲けなのか、職場のメンタルヘルスを改善したいと本気で考えているのか) 
    ・事前の準備(衛生委員会での審議や心の健康づくり計画等)の対応ができるか?(法規則や指針を満たす力がわかります) 
    ・職場環境改善活動を実施できるのか? (集団ごとの分析結果を活かす力がわかります)

    ストレスチェックはチェックが大切なのではなく、事前の準備として、いかに衛生管理活動に落とし込み、事後の個別対応と職場の改善を進めるのかが重要なのzす。

    <参考>
    厚生労働省ウエブページ 『労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル』
    http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/

    ①ストレスチェック制度についての理解が適切であるか?
    ②受託業務全体を管理できる実施体制を確保できるか?
    ③ストレスチェックの調査票・評価方法および実施方法が適切に提供できるか?
    ④ストレスチェック実施後の対応が、指針等に沿った形で提供できるか?        

  • ソーシャルアドバンスには、どのような専門家が在籍しているのですか?

    弊社には、

    • 精神保健福祉士
    • 社会保険労務士
    • キャリアコンサルタント
    • 産業カウンセラー
    • 臨床発達心理士
    • 臨床心理士 心理相談員
    • 第一種衛生管理者
    • ファイナンシャルプランナー
    • 各種心理士、コンサルタント認定

    などの有資格者が正社員として在籍しております。また、メンタルヘルス個人対応だけではなく、職場改善への対応として経営コンサルタント経験者や安全衛生に長年携わってきたメンバーもおり、ストレスチェック制度に係る個人対応から集団分析後の職場環境改善支援(組織改善)まで、幅広く対応する事が出来ます。

EoAP経営者支援プログラム

  • 良い外部機関を選定する方法はありますか?

    どのような外部機関を選ぶのかは、ストレスチェックの成否を分けるポイントとなりますので、非常に重要です。ストレスチェックの導入や運営は、受検結果通知だけでは済まないからです。まずは、外部業者担当者に以下の質問をしてください。

    ・なぜストレスチェック事業に参入したのか?(動機を尋ねると顧客とのかかわり方がわかります。例:お金儲けなのか、職場のメンタルヘルスを改善したいと本気で考えているのか) 
    ・事前の準備(衛生委員会での審議や心の健康づくり計画等)の対応ができるか?(法規則や指針を満たす力がわかります) 
    ・職場環境改善活動を実施できるのか? (集団ごとの分析結果を活かす力がわかります)

    ストレスチェックはチェックが大切なのではなく、事前の準備として、いかに衛生管理活動に落とし込み、事後の個別対応と職場の改善を進めるのかが重要なのzす。

    <参考>
    厚生労働省ウエブページ 『労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル』
    http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/

    ①ストレスチェック制度についての理解が適切であるか?
    ②受託業務全体を管理できる実施体制を確保できるか?
    ③ストレスチェックの調査票・評価方法および実施方法が適切に提供できるか?
    ④ストレスチェック実施後の対応が、指針等に沿った形で提供できるか?        

  • ソーシャルアドバンスには、どのような専門家が在籍しているのですか?

    弊社には、

    • 精神保健福祉士
    • 社会保険労務士
    • キャリアコンサルタント
    • 産業カウンセラー
    • 臨床発達心理士
    • 臨床心理士 心理相談員
    • 第一種衛生管理者
    • ファイナンシャルプランナー
    • 各種心理士、コンサルタント認定

    などの有資格者が正社員として在籍しております。また、メンタルヘルス個人対応だけではなく、職場改善への対応として経営コンサルタント経験者や安全衛生に長年携わってきたメンバーもおり、ストレスチェック制度に係る個人対応から集団分析後の職場環境改善支援(組織改善)まで、幅広く対応する事が出来ます。

CONTACT

どんな些細なことでもお気軽にお問合せください。