労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が、
平成27年12月1日に施行され、常時使用している労働者数が50名以上の事業場において
ストレスチェックを年1回以上実施することが義務化されました。

ストレスチェック制度のリスク気づいてますか?

「コンプライアンス」対応だけで終わらせない
本質を踏まえた「ストレスチェック制度」対応のご提案

「ストレスチェック制度」の実施事項

従業員への対応

  • ストレスチェック実施後の高ストレス者面接指導と
    必要な場合の就業上の措置を講じること
  • セルフ・ライン研修などで従業員の
    心のセルフケアマネジメント力を養うこと

組織への対応

  • 年1回労働基準監督署へ
    ストレスチェック実施状況報告すること(罰則有り)
  • セルフ・ライン研修などで従業員の
    心のセルフケアマネジメント力を養うこと

今回のストレスチェック実施義務化を、
ただの「コンプライアンス」と考えていると、
下記のリスクを背負うことになります。

  • 生産性の低下

  • 知らないうちに
    安全配慮義務違反

「ストレスチェック制度」義務化における
企業の本当のリスク

メンタルヘルス不調による
個人の生産性低下

一時的に組織全体の生産性低下

精神障害による
労災認定からの民事訴訟

多数事例:精神障害による自殺の賠償金額 1億円超
民事損害賠償⇒労働契約法 安全配慮義務違反(時効10年)

このリスクのために企業が「やるべき」本当の取り組みは

  • 「本当の」リスクヘッジ

    個人の生産性低下、労災認定からの民事訴訟

  • 「本当の」組織改善

    職場改善から生産性向上へ

ポイントは

  • 実施の導入準備

  • 実施の対応

「ストレスチェック制度」対応の本質を踏まえた、
本当の対応を「ソーシャルアドバンス」が
ミニマム料金(定額)でご提供いたします。

弊社の推奨パッケージサービス

ストレスチェックの包括的支援は、メンタルヘルス対策第一人者亀田高志 医師(株式会社 健康企業 代表取締役)監修の元、手厚い「導入支援」と具体的な改善アドバイスを対面にてお伝えする「集団分析結果訪問報告」、ストレスチェックテストを円滑に進める為に必要な産業医との関わり方を重要視した(産業医連携が特に優れた)「ストレスチェックシステム」が1つになったパッケージサービスです。

ストレスチェック制度をただの【コンプライアンス】で終わらせない為のストレスチェックの本質を踏まえた弊社の推奨パッケージサービスです。

導入支援

ストレスチェック
システム

集団分析結果
訪問報告

研修動画

当サービスがみなさまに選ばれている理由!

  • 1

    メンタルヘルス・産業保健・労務管理の実務対応専門家が実経験と実検証をもとにつくりあげた安心・信頼の最高品質コンプライアンス対応

  • 2

    高ストレス者の“見逃しリスク”を徹底的に回避!緻密に設計されたストレスチェックシステムで徹底した合理化!

  • 3

    集団分析結果を基にやる気モチベーション・心身のストレス反応に直接影響を 与えている要因を導き※具体的な職場改善案(自社で出来る取り組み等)を訪問報告!
    ※この解析法は、特許出願中です。 

ストレスチェック制度を
「成功させる」最も重要なポイントは、パートナー選びです。

是非、実施前(社内体制づくり支援)から実施後の対応まで可能な
弊社の最高品質のコンプライアンス対応サービスをご検討ください。