コンプライアンス対応支援

よくある質問

  • 集団的分析を行ない職場改善につなげていきたいと考えておりますが可能でしょうか?

    当社のストレスチェックシステムは、ストレスチェック制度に対応する為だけのシステムではありません。お客様の職場環境改善そして生産性向上を目的としたシステムです。

    診断結果については、当社の強みである、分析力と解析力を最大限に活かした集団的分析、データ解析をいたします。また、他社にはないサービスとして、この結果の説明とそこから見えてくる課題を直接訪問し、提示し、さらに解決策を示します。

  • 良い外部機関を選定する方法はありますか?

    どのような外部機関を選ぶのかは、ストレスチェックの成否を分けるポイントとなりますので、非常に重要です。ストレスチェックの導入や運営は、受検結果通知だけでは済まないからです。まずは、外部業者担当者に以下の質問をしてください。

    ・なぜストレスチェック事業に参入したのか?(動機を尋ねると顧客とのかかわり方がわかります。例:お金儲けなのか、職場のメンタルヘルスを改善したいと本気で考えているのか) 
    ・事前の準備(衛生委員会での審議や心の健康づくり計画等)の対応ができるか?(法規則や指針を満たす力がわかります) 
    ・職場環境改善活動を実施できるのか? (集団ごとの分析結果を活かす力がわかります)

    ストレスチェックはチェックが大切なのではなく、事前の準備として、いかに衛生管理活動に落とし込み、事後の個別対応と職場の改善を進めるのかが重要なのzす。

    <参考>
    厚生労働省ウエブページ 『労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル』
    http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/

    ①ストレスチェック制度についての理解が適切であるか?
    ②受託業務全体を管理できる実施体制を確保できるか?
    ③ストレスチェックの調査票・評価方法および実施方法が適切に提供できるか?
    ④ストレスチェック実施後の対応が、指針等に沿った形で提供できるか?        

  • ソーシャルアドバンスには、どのような専門家が在籍しているのですか?

    弊社には、

    • 精神保健福祉士
    • 社会保険労務士
    • キャリアコンサルタント
    • 産業カウンセラー
    • 臨床発達心理士
    • 臨床心理士 心理相談員
    • 第一種衛生管理者
    • ファイナンシャルプランナー
    • 各種心理士、コンサルタント認定

    などの有資格者が正社員として在籍しております。また、メンタルヘルス個人対応だけではなく、職場改善への対応として経営コンサルタント経験者や安全衛生に長年携わってきたメンバーもおり、ストレスチェック制度に係る個人対応から集団分析後の職場環境改善支援(組織改善)まで、幅広く対応する事が出来ます。

CONTACT

どんな些細なことでもお気軽にお問合せください。