よくある質問

心療内科でも“PEG診断”という心理検査を実施しているはずですが、それと同じようなものでしょうか?

「SA-Method」は、「SA-MethodⅠ」と「SA-MethodⅡ」の2つの手法から成り立っています。一般的に心療内科で使用される心理テストは1種類のみです。

『SA-Method』では、「SA-MethodⅠ」で、職業性心理検査(厚生労働省推奨の職業性ストレス簡易調査票をより深く掘り下げた検査)を行ない、「SA-MethodⅡ」では、顕在意識と潜在意識を分析し解析することができる2種類の心理テストを使用します。

『SA-Method』を受検頂くことにより、職場業務による心理的負荷についてより深く掘り下げる事ができ、本人が持っている行動ぐせや心ぐせまでが明らかになり、今後の方向性を明確にする事ができます。
カウンセリングを数回受けた場合と同じ効果が得られます。
このように「SA-Method」は、一般の心療内科の心理検査とは大きく異なります。