よくある質問

ストレスチェック義務化となる常時50人以上の事業場であるが、パートやアルバイトを含めて数えるのか?

ストレスチェック実施義務の対象となる事業場の判断は、パートやアルバイトを含めます。

継続して雇用し、常態として使用している者が50人以上いれば対象の事業場となります。
ただし、ストレスチェックをその全員に実施する必要はなく、労働時間が通常の労働者の4分の3以上の者は必ず実施、2分の1以上の者は実施が望ましいとされています。